Ryu's blog

開発などのインプット・アウトプットの場

地方から東京(都心)へ引っ越しに関する情報まとめ

この記事は信州大学工学部 W1棟6F Advent Calendar 2018 - Adventarの4日目の記事として投稿しています。

自分は来年の春に東京に引っ越すことが確定しています。まだ実際に引っ越す先などは決まっておりませんが、これから新生活のために引っ越しを考えている人の参考になればと思い記事にしました。

引っ越しで参考になるサイト

fromatom.hatenablog.com

 こちらのサイトを紹介するために記事を投稿したと言っても過言ではありません。このサイトにはどのようにして東京の良い物件を探したのか詳しく書かれている記事です。 自分は基本的にこの記事を参考に引っ越す先の物件を探したりしています。都心に引っ越すのにどうやって自分の求める物件を探せば良いのかという不安を拭い去ってくれます!

他に知っておいたほうが良いかもしれないこと

 上記で紹介した記事を見れば物件の探し方がわかると思いますが、他にも知っておいたほうが良いなと思ったことを共有したいと思います。

  • 引っ越す先の物件を実際に決められるのは引っ越す時期から約1ヶ月ほど前から
  • 最悪の場合、物件の部屋を見ることが出来ずに、部屋の写真や間取り図だけで物件を決めなければならない可能性もある
  • ネットに載っている情報以外にも多くの物件情報が店舗にある

 来年の春に東京に引っ越すのですが、その引っ越す先の候補となる土地やその環境を実際に見たりしたいなと思い、自分は一度8月に東京に物件探しに行きました。その東京に行く日までに、ある程度どんな物件が良いのかネットで賃貸の相場や自分の理想となる部屋の条件、話を聞きに行きたい不動産などを決めて東京に行ってきました。大学の生活の為に、賃貸物件を探すときは引っ越す時期から半年ほど前に不動産屋に行き、物件を確保しました。しかし、東京では地方と違い、賃貸物件を借りたいという需要が大きいので基本的には引っ越しをしたい時期の1ヶ月ほど前からでないと部屋を確保できず、内見にも行くことが出来ませんでした。複数の不動産屋を回りましたが、どこの不動産屋にも同じことを言われました。

 また、東京だと物件が埋まっている率がとても高く(当たり前かもしれませんが)、もちろん良い物件では競争率が激しいです。前の住人の方が退去したら、すぐに入居しなければならない場合もあるそうです。そういった場合、物件を決めるときに内見などが出来ずに写真や間取り図のみで部屋を決めることもあるそうです(不動産の方から聞きました)。

 今住んでいる場所から県外へ引っ越す場合、基本的にネット上で家賃の相場や自分が住みたい場所など考えてネット上に掲載されている物件を探すと思います。ネットに載っている物件の情報は同じようにネットで物件を探している人がたくさんいます。なので、不動産一覧に良い物件が載っていてもすでに契約済みということが少なくありません。なので、あくまでネット上の物件は参考程度と思って見たほうが無難かなと思います。また、引っ越しの需要が増える年始から春にかけては良い物件を見つけるのは運みたいなところがありますので、早めに動き出し少しずつ探していったほうが良いと思います。不動産の店舗に直接伺うだけでも、ネットに掲載してないけどつい先日入った良い物件があります!などの状況はよくありますので、ある程は実際に東京の不動産に訪れるのは必須になるかなと思います。

まとめ

 簡単ですが、地方に住んでいる人が東京などに引っ越すときに少しでも参考になりそうな情報をまとめさせてもらいました。(自分の情報はちょっとしかありませんが(笑)) 賃貸探しはすぐに決められるものでもなく、悩んだりすることが多々あると思います。自分の最低限の物件条件と妥協しても良い条件などを事前に考えて物件探しに望んでほしいと思います。物件探しに少しでも参考になる情報があれば幸いです。